img_01

ファイルを共有する際の注意点

インターネットを経由してそのファイルを許可された複数の人達が閲覧することが出来るようになっているのがファイル共有の特徴であり、これによってどこにいても誰でも気軽にそのファイルの内容を確認することが出来るようになっているというところが魅力です。

そのため仕事以外でもプライベートのものを共有していると言う人もいますし、家族や仕事関連以外にも不特定多数の人達に発信し共有することが出来るようになっています。

このように利便性が高い機能ではありますが、インターネットを経由していると言うことでいくつかの注意点があります。

と言うのも、インターネットを経由するということはウイルスなどの感染を考慮しなくてはならず、万が一ファイルがウイルス感染してしまったらその持ち主だけではなく閲覧した人全員に感染してしまう恐れがあります。

日本経済新聞はこちらのサイトで情報公開中です。

感染してしまうと下手をすると情報漏えいなどの恐れがあり、企業が使用しているときは大変危険な状態となります。



そのため、持ち主はもちろん閲覧する人達もウイルス対応をしっかりしておく必要がありますし、不要なものを共有したりしないようにすると言うことが大切です。

このようなトラブルを防ぐためにはそもそも機能を使用しないと言う根本的な部分になってしまうのですが、どうしても昨日を使わなくてはいけないという場合にはインターネット環境がどのような危険を持っているのかを把握し、しっかり自分たちで自衛しておくと言う対策が必要になります。