img_01

クラウドによるファイル共有でデータ管理

情報化社会となってあらゆる情報が電子化されて利用されるようになりました。

利用される情報機器もパソコン、スマートフォン、タブレットなどの多岐にわたるようになり、個人が複数の情報機器を利用するということも一般的となっています。

人気のYoutube情報選びはインターネットで行う時代です。

それに伴ってデータ管理は個人レベルでも重要な観点となり、個人が利用しているどの情報機器からでも同じデータにアクセスできることや、そのデータを適切に保管できることが必要とされるようになっています。

データファイルを個人の情報機器間で共有するという観点においては共通のサーバーがあることが最も簡便に実現する方法ですが、個人でサーバーを構築するのには莫大な費用がかかります。



そういった観点から展開されてきているビジネスがクラウドサービスです。
多くの場合には個人相手には数GB程度の容量を無償提供していることが多く、ユーザー登録をすることによってファイル共有を行えるスペースを利用できるようになります。

こういったサービスが提供されるようになったことにより、どの情報機器からもアクセスしたいデータについてはクラウド上に共有ファイルとしてアップロードしておけばよいという状況を作り出すことができるようになりました。

そのクラウドシステムが対応していれば、クラウドシステム上のそのファイルの書き換えも可能であり、どの情報機器からでもソフトウェアをインストールする必要なく利用することができるという便利さも広まってきています。